歌詞

ベルが鳴った

カズン

作詞
小林和子
作曲
小森田実

愛してる くちびるに乗せて

さよならの 代わりにつぶやく

ベルが鳴った でもあなたじゃなかった


オフィスの窓に 東京タワー 暮れてゆく空

今 何処から 電話をしてるの


残りのカード 確かめながら 早口になる

逢いたいのよ あの店にいる


悪いけど 今夜はもう 約束がある

友達の結婚パーティー


大切な 話なのよ 遅くてもいい

あなたが 来るまで待ってる


どのくらい ここにいるんだろう

窓際の テーブルにひとり

赤く溶ける ブレーキランプの列

愛してる くちびるに乗せて

さよならの 代わりにつぶやく

ドアが開いた でもあなたじゃなかった


気づいた時は 時計の針が 重なっていた

あせるほどに 電話が見当たらない


仕事のことや 友達のこと 忙しい日々

我がままでも 逢いたかったの


TAXIをせかせながら 眠りについた

街の灯が 流れてゆくよ


この店で 待ち合わせて 一緒に帰る

そんな夢 ため息になる


どのくらい ここにいるんだろう

窓際のテーブルにひとり

店が終わる 灯りがひとつ消えた

愛してる くちびるに乗せて

さよならの 代わりにつぶやく

ドアを開けた 木枯らしが吹いてる


信じてる ポケットの中で

いつの間に あふれ出した愛

ベルが鳴った どうかつなぎとめて


愛してる くちびるに乗せて

さよならの 代わりにつぶやく

ベルが鳴った どうかつなぎとめて

提供: うたまっぷ