歌詞

エピローグ

北原愛子

作詞
北原愛子
作曲
後藤康二

ちぎれる雲のように宛もなく

人知れず 泣き出した空みたい

風になびく花を眺めては

思い出を漂う


曖昧な不安に溺れて

命の灯火は消えないように

蘇る夜に堕ちて行く身体

夢を見させて


楽しかった日々は愛しさを増して

優しい言葉は切なさに変わって行く

Ah…日ごとに 強く


振り返れば花が咲いていた そんな未来を生きている

例え今は解らなくても その時は来るのだろう

いつかの僕らのエピローグ


頑張ったねと言われると

まだ頑張れそうな気がしていた

受け止めてくれる存在に

幾度も救われていた


依存しては傷ついて

それでもまた人は恋をする

好きになって良かった…と言えるなら

出会えて良かった


周りと比べりゃキリなんかなくて

一人しかいない ありのままの自分を

Oh…愛していたい


誰もがいつか果てる命 出来るだけ遠回りをすれば

一つでも多くこの道に 足跡を残して行ける

いつかの僕らのエピローグ


涙が溢れる今日さえも 明日になれば過去になる

振り返れば花が咲いていた そんな未来を生きている

例え今は解らなくても その時は来るのだろう

僕らは信じて行ける

いつかの僕らのエピローグ

提供: うたまっぷ