歌詞

千年の命よりも今日この日の幸せを

北原愛子

作詞
北原愛子
作曲
金子奈未

どんな時もいつの日も

空は僕らを包んでくれた

生きた証を残せるのなら

何が出来るだろう?


幾度も人は生まれ変わり

枯れては芽生える 花のように

愛した人にまた会いたい


季節は波に乗って 太陽が昇り出す

夏の扉を開けて 僕が君の運命になる um…la la


千年の命よりも今日この日の幸せを

例え明日が失くても悔やまないように

辿り着いてまた迷いながら

波のように果てない日々を 愛しい君と手を繋ぎ歩みたい

um…la la la…


この身体を脱ぎ捨てて

記憶全てをクリアされても

君に惹かれる衝動は隠し切れないだろう


同じ時代に生まれて

逸れる魂の行方を

何度でも見つけ出してみせる


蒼空を渡る雲が 日射しを遮っても

そこには太陽がある この先もずっとずっと um…la la


千年の命よりも今日この日の幸せを

こんなに愛しいと想う日が続くように

抱きしめると消えてしまいそう

花のように儚い日々に 失った全てをその手に叶えたい

um…la la la…


千年の命よりも今日この日の幸せを

例え明日が失くても悔やまないように

いつか生まれて良かったねと

誇れる自分になりたい

命ある限り大切なものを守りたい

どこまでも行こう そうさ共に行こう

um…la la la…

提供: うたまっぷ