歌詞

折鶴

ユウエン

作詞
松井五郎
作曲
林海

遠く明ける深い空

風を迎えて鶴を折る

いまはもう逢えないあなたに

心の端が届くまで


ひとつしかないもの 何故

神様は奪うのでしょう

夢が覚める場所に

咲かせている

うつつの花など

欲しくないのに


あゝあんなに

やさしい笑顔


いつもわたしの名前を

折鶴に残しましょう

どんな時も決して

忘れぬよう

あなたの涙を

慰めるなら


遠く浮かぶ白い羽

どんな明日が見えますか

どこまでも雲よりも遥か

心の端を届けたい


あなたのもとへ届けたい

提供: うたまっぷ