歌詞

雨の鳴る夜、しずくを君に

Every Little Thing

作詞
Kaori Mochida
作曲
Kunio Tago

廃屋の色に染まる

わずかな色めき

君は 彩りだす


なよやかな白い指先

たどる景色は

外に降る雨


「もう何もいらない」と

たよりなく笑う

君のとなりで

ぼくは 何かできただろう


たおれたら

すぐかけよって

ぼくなりの強さで

守りたいと思ってるんだ

雨の鳴る夜を

浮かべて 想いふけては

いつのまにか 眠りについた

ぼくの最後の

記憶のかけら


ここはぬくもりの地

君と どれだけ

過ごしてきたかな


おかまいなく戯れるときは

心が今にも

泣きだしそうなとき


もう何もできないよ

ぼくがいなくても

この先もずっと

しあわせで いてもらいたい


つまづいたら

見あげてほしい

ぼくたちの いのちは

ずっと 結ばれつづくから

窓に打たれた

しずくはよじれてゆく

君のかわりに 泣いてみる

ぼくの最後の

祈りよ届け


たおれたら

すぐかけよって

ぼくなりの強さで

守りたいと思ってるんだ

雨の鳴る夜を

浮かべて 想いふけては

いつのまにか 眠りについた

ぼくの最後の

記憶のかけら

提供: うたまっぷ