歌詞

Hug

古内東子

作詞
古内東子
作曲
古内東子

同じ傷みを繰り返してる

愛することに不器用なまま

胸の想いは半分も

伝えられずに時はめぐるけど

恋するから生きてゆける

もっともっと強くなれたら

心からそう願うとき はじめて

あふれてゆく愛しさ感じた


月日が経てば無くした恋も

溶け去るように忘れてゆくけど

思い出のドア開くたび

過ぎたことだけ輝いてみえる

生まれてきてたった一つ

許されることがあるなら

誰かを愛せる喜び それだけ

明日も今日も心に感じて


やさしくなれる力を

いつの日でも信じてゆきたい


恋するから生きてゆける

もっともっと強くなれたら

心からそう願うときはじめて

あふれてゆく愛しさ感じた

提供: うたまっぷ