歌詞

冬の日

古内東子

作詞
古内東子
作曲
古内東子

ずっと育ったこの部屋を出てくのは複雑よ

荷物をつくるスピードも何だかもどかしいの

机の奥しまっていたもう古いダイアリー

冷たい壁によりかかり そっと開いてみるの

制服の頃いつも迷ってた

欲しいものとか行く先がわからなくて


今はもう遠い冬の日

誰かに愛され愛する春を待ってた

坂道もまがりくねる道もいつもひとりでたださまよってた


新しい匂いのする家 ここであなたと暮らし

ふたり分の笑い声や涙がしみついてく

もう恐れないで 何が起きたって

私はいつもあなたの帰りを迎えよう


今なら信じられる

強い愛をあなたと覚えられたから

坂道もまがりくねる道もきっとどこかへ続いているんだと


今はもう遠い冬の日

誰かに愛され愛する春を待ってた

坂道もまがりくねる道もいつもひとりでたださまよってた


今なら信じられる

強い愛をあなたと覚えられたから

坂道もまがりくねる道もきっとどこかへ続いているんだと

提供: うたまっぷ