歌詞

Room

古内東子

作詞
古内東子
作曲
古内東子

遊び仲間に誘われて

今夜も街へ出かけるあなた

ふたりでしてた約束なんて

忘れているふりしているの?


どうしていつもこうなるの?

いつでも一緒にいられる

だからこそ犠牲になるの?

なぜ心は曇ってゆくの?


心配なだけなの ひとりでいる時も

私はあなたのものでしょ?

お互いのことなら知りつくしたかもしれない

だけど今だって

こんなにあなたを求めてる


部屋の明かりを灯すのも

待ってるのも私の方で

ふたつ並んだ何もかもが

悲しいほど虚しく見える


「僕は言葉なんかがなくても

心が読めるよ、好きだから。」

あなたは言うけど

ここで泣いてる私は誰?


心配なだけなの こうして暮らすことが

二人の願いだった

望みがかなえば何かを失ってるようで

あせるような気持ち

なおさら大きくなってゆく


心配なだけなの ひとりでいる時も

私はあなたのものでしょ?

お互いのことなら知りつくしたのかもしれない

だけど今だって

こんなにあなたを求めてる

提供: うたまっぷ