歌詞

こたえないで

古内東子

作詞
古内東子
作曲
古内東子

こたえなくていいの

もう何も言わないで

無理してっくった笑顔がつらい

こぼれてゆく私の涙に目を伏せて

今まで通り会えなくなるから

瞳そらして欲しい


フェンス越し呼吸をはずませるあなたを待って

「大好き。」とうつむく私へのあなたからの言葉

「ずっとそばに居てくれた君がなんだか遠くにみえてしまう。」


こたえなくていいの

もう何も言わないで

やさしくしようとしないでいいの

でもわかって

いちばんそばからみてたのも

想いをずっと抱いていたのも

同じ私だったと


走り出す地下鉄

ホームまで見送るなんて

泥だらけのあなたの気遣いが

やけに悲しかった


明日も会うのにドアにもたれて

見えなくなるまで見つめていた


こたえなくていいの

もう何も言わないで

冗談とばして笑ってみせて

嫌われても自分に素直でいたかった

ほかの誰かに恋が出来るまで

言葉返さないで


こたえなくていいの

もう何も言わないで

やさしくしようとしないでいいの

でもわかって

いちばんそばからみてたのも

想いをずっと抱いていたのも

同じ私だったと


こぼれてゆく私の涙に目を伏せて

今まで通り会えなくなるから

瞳そらして欲しい

提供: うたまっぷ