歌詞

二人称

安全地帯

作詞
松井五郎
作曲
玉置浩二

どこまでも広がる夜空の果て

もうそこにはないかもしれないのに

いまも光るあの星の瞬き

僕はただひとりが怖かったんだ


いつだって 君のために

投げだせる 命だから

いつだって


道さえもわからない砂漠で

蜃気楼だと気づいていながら

渇きを癒すその水の輝き

君もただひとりが怖かったんだ


いつだって 君のために

投げだせる 命だから

いつだって


いつだって 君のために

ここにある 命だから


いつだって 君のために

投げだせる 命だから

いつだって

提供: うたまっぷ