歌詞

実験4号

ウルフルズ

作詞
大木温之
作曲
大木温之

飲んでりゃ昨日もみえるだろう

明日が行き止まり

僕らの死ぬまで 考えた

そして最悪の人生を消したい


どれだけクサれば晴れるだろう

止むかよ 時間切れ

まんまと潜りこみ 閉じ込めて

君と最悪の人生を消したい


ハンパな笑顔でこっちだけみていた

賑やかなラストにわざと一人

傷を舐め合うのさ 痛みがわかるのさ

確かに未来が昔にはあった


ゆーワケで せっかくだし 悪いけど

続くよ まだ二人いる

何かまたつくろう 場所は残ったぜ

君と最悪の人生を消したい


そして最悪の人生を消したい

提供: うたまっぷ