歌詞

オヤジのうた

ウルフルズ

作詞
トータス松本
作曲
トータス松本

オヤジというのは いいもんだ。

オフクロのことは さておいて、

オヤジというのは いいもんだ。

いくつかの思い出を歌にしよう。


ある夏 みんなで 海へ行った。

波打ち際で遊んでいた。

するとオヤジがオレをおぶって、

沖へと泳ぎだした。

海は 広くてデカかった。

オヤジの背中も デカかった。


鳥取砂丘で ラクダに乗って、

浮かれていたら 迷子になった。

子供ながらに あきらめかけた時、

オヤジに抱え上げられた。

オヤジのシャツに 涙が落ちた。


オヤジというのは いいもんだ。

オフクロのことは さておいて、

オヤジというのは いいもんだ。

いくつかの思い出を歌にしよう。


中学2年の 誕生日、

オヤジと一緒に ギターを買いに。

嬉しさのあまり 死ぬかと思った。

オレの人生が変わった日。

オヤジの車が 楽器屋へ走る。


オヤジというのは いいもんだ。

オフクロのことは さておいて、

オヤジというのは いいもんだ。

いくつかの思い出を歌にしよう。


オヤジの趣味は カラオケで

オレの仕事は 歌うたい

オヤジは時々詞を書いて、

それをオレに見せる。

出来は、ん?、良くなくはない。

オヤジの気持ちも分からなくはない。


オヤジというのは いいもんだ。

オフクロのことは さておいて、

オヤジというのは いいもんだ。

いくつかの思い出を歌にしよう。

提供: うたまっぷ