歌詞

初めて海を見た時には

WaT

作詞
WaT
作曲
WaT

初めて僕が出会ったもの

その時感じた記憶はずっと

なくしちゃいけない宝物かもしれない


何気なく見上げる夜空に

今年最初の花火ゆらめいていた

ありふれた夏の思い出とか

急に心が切なくなったりして


あの頃の僕が感じていた

季節はもっと鮮やかだったかも

今の僕の日常に埋もれた

いくつもの大切な記憶を呼び覚まそう


初めて海を見た時には

世界の広さに打ちのめされて

目眩がしてたはず

きっと初めて僕が出会ったもの

その時感じた記憶はずっと

なくしちゃいけない宝物かもしれない


ビルの間を流れる風に

ほのかに香る微かな夏の気配

夕闇に低く浮かぶ月は

どうしてこんな心まで惑わすの


多くのこと学んで身に付けて

同じ過ち繰り返さぬように

だけどそうして失うものもある

いつまでも大切な記憶なくさぬよう


初めて恋をした時には

ときめき切なさ伝わらぬ想い

心ふるわせてた

きっと初めて僕が出会ったもの

その時感じた記憶はずっと

なくしちゃいけない宝物かもしれない


初めて海を見た時には

世界の広さに打ちのめされて

目眩がしてたはず

きっと初めて僕が出会ったもの

その時感じた記憶はずっと

なくしちゃいけない宝物かもしれない

提供: うたまっぷ