歌詞

四季彩彩

ジン

作詞
ジン
作曲
ジン

一重二重 重ね手合わせ、

ポタリ 雫 溶け行き流れ。

息づく命の間に、合わせ、

さざめく白の道は通り過ぎ果て。


眠りから目覚め

高みに昇り

駆け行く若樹は空に咲き

祈りに芽吹いた四季彩彩が

この地を撫でては風が吹く。


終わり終えた殻は地に還り

茶色の夢、黒土に埋もる。

爪は叫び、牙は晒され

枯れゆく葉々は積もり、包み込むように。


夢に身を浸し

春に焦がれて

眠り行く日々は流れ行く

冷えた風さえ追い風になり

目覚めたその日は春がある。


今 伝えよう。語り行こう。

全ての恵みに生かされて…

止まない大地に組まれた我は

永遠無き命に、四季彩彩。

提供: うたまっぷ