歌詞

Bye Bye Summer Girls

オオゼキタク

作詞
小林夏海
作曲
オオゼキタク

あの頃は世界はもっと単純だった

未来なんて火星よりも遠く見えた


太陽と缶ビールと波しぶきと

両手いっぱい残された自由の種


みんなパラソルの下

胸に孤独を隠しては

ただ笑い合って

変わらないものを

信じ続けてたRollin' days


Bye Bye Summer Girls

夏の日の恋は

傷ついた泥だらけのダイヤモンド

Thank you Summer Girls

とびきりの笑顔

僕たちは死ぬまで忘れないだろう

永遠の八月の海を


窮屈なスーツを着て見上げる空

久しぶり口ずさんだ古いメロディ


波が打ち寄せるたび

僕らさよなら覚えて

失うことに臆病になって

季節重ねてくSullen Days


Bye Bye Summer Girls

夏のきらめきは

突き刺さる貝殻の破片のように

Thank you Summer Girls

にぎやかな未来

僕たちは今でもまだ探してる

終わらない八月の海で


Bye Bye Summer Girls

夏の日の恋は

傷ついた泥だらけのダイヤモンド

Thank you Summer Girls

とびきりの笑顔

僕たちは死ぬまで忘れないだろう

永遠の八月の海を


Bye Bye Summer Girls

夏のきらめきは

突き刺さる貝殻の破片のように

Thank you Summer Girls

にぎやかな未来

僕たちは今でもまだ探してる

終わらない八月の海で

提供: うたまっぷ