歌詞

恋と毒薬

オオゼキタク

作詞
小林夏海
作曲
オオゼキタク

恋をした あなたに

だから振り向いて欲しかった

たとえばその笑顔が

僕じゃない誰のためでも


困らせてごめんね

あなたのこと

好きになったのが

間違いだよね

優しくしないで

もうこれ以上

きっと期待してしまうから


遠くばかり見てる 瞳のその奥に

僕の居場所はなくても


めちゃくちゃに壊して

もしも突然抱きしめたら

忘れられないくらい

憎んでくれるだろうか...


恋をした あなたに

だけど答えを求めたら

甘く溶けたバニラは

胸を焦がす毒に変わる


あなたの目に映る 名もない花にさえ

いつも嫉妬しながら


傷つくと知ってて

人はなぜ恋をするんだろう

逃げることもできずに

むき出しの心で


恋をした あなたに

せめて気がついて欲しかった

たとえばこの想いが

もう会えない理由になっても

提供: うたまっぷ