歌詞

涙のジルバ

高田みづえ

作詞
松宮恭子
作曲
松宮恭子

このまま 笑って ジルバ

いつもの 調子で ジルバ

なじみのお店を 出たら

ふざけた 調子で バイビー


時折りの 雨にぬれて歩けば

気まぐれな恋でも 素直に許せるわ


港町 そんな女が ふらり

ゆきずりの気分で さらりとお別れ


ああ 恋は 夢色しゃぼん玉

フラれちゃったと 肩をすくめてみせる


時には 浮かれて ジルバ

最後の 夜なら ジルバ

はじめて踊った メロディー

悲しき街角 バイビー


耳もとを 通りすぎる 歌は

ふりむけば せつない ひと夏の恋なのね


元町は 通り雨に 浮かれて

肩を抱いて駆け込む 恋人達ばかり


ああ ひとつ 恋を失くすたびに

きれいになるって 誰かが 言っていたわ


このまま 笑って ジルバ

いつもの 調子で ジルバ

なじみのお店を 出たら

ふざけた 調子で バイビー


ラララ……

提供: うたまっぷ