歌詞

花束

中孝介

作詞
小林夏海
作曲
NEMO

瞬きする間も惜しいほど 晴れ渡る空

僕らを導いて行く 祈りのような光


未来へのドアを開く鍵 二人で1つ

なくした時は一緒に また探せばいい


どんなときも僕は君の味方でいるよ

暗闇を手探りで進む時でさえ


僕のとなり 君の笑顔

君のとなり 僕の笑顔

見つめあうたび ゆれる花束

いま風の中で

ひとりきりじゃ できないこと

ひとりきりじゃ 見えないもの

集め続けて生きて行くと決めた


正しい答えにこだわって

時に僕らは 一番大事なこと忘れるけれど


遠回りをくりかえして やっと気づいた

過ちを責めるより 寄り添う優しさに


僕の好きな まぶしい夏

君の好きな しずかな冬

決して枯れない白い花束

この胸の奥に

ふたりだから 許し合える

ふたりだから 分かち合える

今日という日を重ねて行けるように

提供: うたまっぷ