歌詞

夏模様

KinKi Kids

作詞
Satomi
作曲
林田健司

夕陽が 窓の向こうで

音もたてず ゆっくり

沈んでゆく景色に 胸が

鷲掴みに ギュッてされた


小さな夢 抱えながら

躓き転んで

膝を擦りむいた 蒼い夏の日


アザミの咲く小路(こみち)を抜けて

蝉時雨(せみしぐれ)の波 追いかけてた

やけに夕陽が滲んでいたのは

いつかの夏模様

静かに甦る この胸に。


最近、忘れていたな…

立ち止まってみること

はぐれた雲みたいに ボクは

街と社会(ひと)に流されていた


水彩画で描(か)いたような

夕暮れのなかを

ボクは走ってた 蒼い夏の日


アザミの咲く小路(こみち)で今も

蝉時雨(せみしぐれ)はまだ聞こえますか?

あの日にはもう戻れないけれど

いつかの夏模様

今度、逢いにゆこう…

逢いにゆこう。


瞳閉じて見上げた空を

駆けてゆく風は 忘れかけた

蒼い夏と同じにおいがして

笑顔が込み上げる


アザミの咲く小路(こみち)を抜けて

蝉時雨(せみしぐれ)の波 追いかけてた

やけに夕陽が滲んでいたのは

いつかの夏模様

静かに甦る この胸に。

提供: うたまっぷ