歌詞

平原綾香

作詞
新田雄一
作曲
新田雄一

悲しいくらい晴れ渡る空へ 少女は

赤のカイトを揚げる 風が頬をなでた


移り行く時を 留める事など出来ない

もう子供じゃない 生まれたままの白じゃない


石畳の階段にたたずみ 君を思い出す

遠くから聴こえてくる 祈りの音色が


幾千の時を超え たどり着いたこの景色を

僕は憶えている ずっと探していたんだ


何ひとつ持たずに僕らは生まれてきた

失うものなどないさ

苦しみも孤独も受け入れられたら

ひとつの愛が始まる


移り行く心 留める事など出来ない

何度でも新しい色へ生まれ変わる

幾千の時を超え たどり着いたこの場所を

僕は憶えている 手にした花の匂いも

提供: うたまっぷ