歌詞

サボテンとバントライン

筋肉少女帯

作詞
大槻ケンヂ
作曲
大槻ケンヂ/筋肉少女帯

めぬき通りのバクダン騒ぎ ネコがくわえてきたバクダン

間一髪でバクハツしなかった 逃げた男は少年だった

決死の捜査を笑うように 犯行声明が送られてきた

サボテンマークのレポート用紙に

"僕はこの世を憎む"と書いてあった

少年はサボテンが好きだった サボテンは彼の神様だった

屋根裏部屋の隠れ家で それは緑に輝いている

少年はネコが好きだった ネコの名前はバントライン

バントラインとサボテンと 映画を見ている時だけが幸せだった


ホーイ サボテン 緑の光り

バントラインと僕を照らしていて


少年とネコの第二の犯行は 街の大きなムービーシアター

アメリカンニューシネマ「真夜中のカウボーイ」が上映されていた

バントラインがバクダン仕掛け 犯行は大成功と思われたが

映画に見とれていた少年は ムービーシアターもろともふっ飛んだ


ホーイ サボテン 緑の光り

ポッカリと僕を照らしていて

ホーイ バントライン

どこまでも行こうよ 流れてく雲の燃えおちても


薄れていく意識の中で少年は カラカラ回る映写機の音を聞いた

スクリーンには西部の荒野 荒野を舞台のこんな映画を見た

住み慣れた街を捨て 少年とネコが行く

背中にしょってる真っ赤なギター 昔にもらったオールドギター


ホーイ サボテン 緑の光り

ポッカリと僕を照らしていて

ホーイ バントライン

どこまでも行こうよ 流れてく雲の燃えおちても


どこまでも行こう この荒野をぬけ

緑に輝く あの丘まで

ホーイ サボテン 緑の光り

バントラインと僕を照らしていて

提供: うたまっぷ