歌詞

泡になった

BONNIE PINK

作詞
Bonnie Pink
作曲
Bonnie Pink

泡になった はるか夏の日は

泡になった 愛しい夏の日は


2度と来ないかのように ただはしゃいだ夏はすでに

足音もたてることなく まぶたに消えた

彼の茶色い髪が風に翻るたびに

チェリー・コークと潮のにおい 若すぎた遠い日のこと

あの夏は… あの夏は…


地球の裏側目指し 2人潜った海の底は

怖いほど 全ての否定より暗く、言葉は奪われた

熱い太陽だけが追手だったあの頃に

帰れないことに気付かせる 写真より色あせた肌


変わりないココナツの香から

よみがえる 屈託のない彼の笑顔


泡になった はるか夏の日は

泡になった 愛しい夏の日は


逃げまどうタバコの煙から

よみがえる消え際の悲しい花火


泡になった はるか夏の日は

泡になった まぶしい夏の日は

泡になった 2人の夏の日は

泡になった 2人の夏の日は

提供: うたまっぷ