歌詞

春の夜に

手嶌葵

作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子

あたたかき春の夜

天空に浮かびし

月のこうこうたる

にゅうはくの光


土のかおりみちて

つぼみゆるむ気配

ただ陶然として

涙こぼれるだけ


桜の花のした

もいちど妻の手をとり

歩むことのぞんだ人は

春をまたずに逝きし


なにより美しく

残酷なる季節

雪に古木倒れ

その跡に芽が吹く


今宵生まれいずる

幼き命に

われ持ちたる全ての

愛の歌を捧ぐ


われ持ちたる全て

愛の歌を捧ぐ

提供: うたまっぷ