歌詞

ナナカマド

手嶌葵

作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子

白く凍った朝の丘で

真っ赤な宝石見つけました

霜をまとったナナカマドの実

吐息で溶かしてあげました


手のひらの中の赤い粒を

ぼんやり見つめているうちに

あなたを思い出しました

こんなに冷たい季節でも

あなたは旅路にあるのでしょうか


あなたが旅立って行ったのは

まだ雪が残る頃でした

それから何度も季節は過ぎ

わたしの背丈も伸びました


ゆっくりゆっくり育っていく

ナナカマドは生命(いのち)の木よ

この木がもっと大きくなって

真っ白な花を咲かす頃

も一度あなたに会えるでしょうか

提供: うたまっぷ