歌詞

旅人

手嶌葵

作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子

幾つもの昼と夜を越えて

幾つもの海と島を渡り

真の光を探し続け

彼の旅は未だ終わらず


船べりを叩く波と話し

帆を打つ風のたゆまぬ唄を聴く

内なる声が導くままに

潮に焼かれた手で舵を取る


言葉が意味をなくした都に

隠された愛の言葉を探し

声なき声がすすり泣く

深き暗闇の路上を歩む


時の失われた街で

亡き者たちのその哀しみを知り

祈りの刻まれた神殿に

太古の生きものの声を聞く


最果ての象牙の浜辺

とこしえの夕映えの島

鳥さえかよわぬ荒野の中に

小さく瞬く命をみる


星降る夜の孤独な眠りに

かなた故郷の山を思う


白き峰々と黒き森

丘を駆け回りし幼き日

夜毎夜毎の炉辺ものがたり

懐かしき隠者の面影


輝かしかりしかの年月を

取り返すことあたわずとも

それを悲しむまいとして

彼の旅は未だ終わらず

提供: うたまっぷ