歌詞

猫になりたい

つじあやの

作詞
草野正宗
作曲
草野正宗

灯りを消したまま話を続けたら

ガラスの向う側で星がひとつ消えた

からまわりしながら通りを駆け抜けて

砕けるその時は君の名前だけ呼ぶよ

広すぎる霊園のそばの このアパートは薄ぐもり

暖かい幻を見てた


猫になりたい 君の腕の中 寂しい夜が終わるまでここにいたいよ

猫になりたい 言葉ははかない 消えないようにキズつけてあげるよ


目を閉じて浮かべた密やかな逃げ場所は

シチリアの浜辺の絵ハガキとよく似てた

砂ぼこりにまみれて歩く 街は季節を嫌ってる

つくられた安らぎを捨てて


猫になりたい 君の腕の中 寂しい夜が終わるまでここにいたいよ

猫になりたい 言葉ははかない 消えないようにキズつけてあげるよ


猫になりたい 君の腕の中 寂しい夜が終わるまでここにいたいよ

猫になりたい 言葉ははかない 消えないようにキズつけてあげるよ

提供: うたまっぷ