歌詞

黄金の月

つじあやの

作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ

ぼくの情熱はいまや 流したはずの涙より

冷たくなってしまった

どんな人よりもうまく 自分のことを偽れる

力を持ってしまった


大事な言葉を 何度も言おうとして

すいこむ息は ムネの途中でつかえた

どんな言葉で 君に伝えればいい

吐き出す声は いつも途中で途切れた


知らない間にぼくらは 真夏の午後を通りすぎ

闇を背負ってしまった

そのうす明かりのなかで 手さぐりだけで

なにもかも うまくやろうとしてきた


君の願いと ぼくのウソをあわせて

6月の夜 永遠をちかうキスをしよう

そして夜空に 黄金の月をえがこう

ぼくにできるだけの 光をあつめて

光をあつめて…


ぼくの未来に 光などなくても

誰かがぼくのことを どこかでわらっていても

君のあしたが みにくくゆがんでも

ぼくらが二度と 純粋を手に入れられなくても


夜空に光る 黄金の月などなくても

提供: うたまっぷ