歌詞

アクセル

JUDE

作詞
浅井健一
作曲
浅井健一

遠くのどこかにあると言われる不思議の石

それに触れると何かとてもいい気分がして

目の前に薄いグリーンの滝が現われる

それを飲むと夜空自由に飛べるんだ


ケースに入れて持ち帰るなんてできない

今まで何度もしようとした人はいるけれど

不可解な出来事で命落としてる

だからそこに辿り着くしかないんだ


あまりにも危険だよ 崖とか嵐とか

あまりにも過酷だよ 飢えとか孤独とか

あまりにも冷たくて 指先が凍りそう

5000度の溶岩が川になって溢れてる

だけど勇気だして アクセル踏み込むのさ


カーラジオから流れてるのは 流星の歌

君は腕に包帯を巻き付けて忙しそう

レザーシートにはヒーター付いてるから

犬のチャペルはそこで眠り始めた


タイヤが悲鳴をあげるほど急カーブ

時折崩れ落ちる 岩肌恐いけど

流星の歌ってなんて素敵なんだ

口笛は限りなく 宇宙につながってる

だから涙拭いて ワイパー振り切ってさ


ねぇダーリンあそこに光ってるのは何かしら

山の頂き青く白く赤く緑のよう

きっとあそこにその石があるんじゃないかな

やっと俺たち辿り着いたのかもしれないね


2人は手を上げて喜んでる

チャペルも跳ね上がってる


あともう少しだよ あの岩を越えれば

俺たち夜空を 自由に飛べるんだ

足元に気を付けな クレバスに落ちるなよ

何だか恐いけど 僕にはわかるんだ

だから勇気だして アクセル踏み込むのさ


2人はきっともう帰ることはないだろう

なぜだと思う だってそんなの当たり前さ

なぜだと思う 少し考えればわかることさ

2人はきっともう帰ることはないだろう


Good bye さよならBaby


2人はもう帰らない

チャペルも帰らない


星空が綺麗すぎて 心を盗まれたのさ

星空が綺麗すぎて 心が壊れちゃったのさ

提供: うたまっぷ