歌詞

レモネードデイズ

坂本サトル

作詞
SAKAMOTO SATORU
作曲
SAKAMOTO SATORU

君とキスをした

何度も何度もキスをした

水色のカーテンが春の風にやわらかく揺れた

-レモネードデイズ-


迎えに行く自転車と

君がいればもう何もいらなかった

君と一緒に笑いたい

それが僕の全てだった


それは恋

僕らはそれを早く愛と呼びたくて

先を急ぐように多くを求めていた


君とキスをした

何度も何度もキスをした

水色のカーテンが春の風にやわらかく揺れた

-レモネードデイズ-


へたくそな僕のギターに

細い君の声は不思議とよく合った

照れる顔もその声も

僕だけのものにしたかった


それは恋

胸を痛めて むせかえるようにくどい程甘く

こぼれた事にさえも気付こうともしないで


戻りたいとは思わないけれど

2人が過ごした日々を僕は

いつかきっと誇りに思うだろう


思い出すのは君の笑ってる顔ばかり

さようなら僕の好きだった君

さようなら僕のレモネードデイズ

提供: うたまっぷ