歌詞

11;36 LOVE TRAIN

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

ベルの音が 響きわたり ふたり 駅にいる

僕の荷物 君にあげる 三時間だよ この旅は


甘い言葉 ささやくなら 電車の中でね

君のために お茶を 買うよ お茶でのどを湿らせて


京都まで 行くのさ

11:36発の LOVE TRAIN


始まりでも終わるにしても 熱海のあとでね

しゃべり過ぎる 恋の言葉 嘘にならないほどにして


うなずくたび 月は流れ 富士を前にして

つまり君は 午前、午後も わからないまま行く先は


京都まで 行くのさ

11:36発の LOVE TRAIN


抱き合える喜びなら 人目を忍んで

熱い風に 星は砕け 白く窓を曇らせて


いまに僕等だけになるよ 名古屋の前でね

望むものが 希望なんて 三時間だよ この旅は


京都まで 行くのさ

11:36発の LOVE TRAIN

提供: うたまっぷ