歌詞

朱雀

氷川きよし

作詞
麻こよみ
作曲
杜秦太朗

男の心の 真ん中に

人に譲れぬ 夢がある

雨が翼を 濡らしても

嘆かず挫けず ひとすじに……

夢に羽ばたけ 悠々と


夜露がこぼれる 草枕

胸に浮かべる 面影よ

時に翼と 労って

焦らず慌てず どこまでも……

明日に羽ばたけ 正々と


この世に命を 授かって

せめて何かを 為し遂げる

風に翼が 折れようと

恐れず迷わず ひとすじに……

夢に羽ばたけ 悠々と

提供: うたまっぷ