歌詞

十六夜

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

夜毎苛む夢の時計の針は止まっている

贖いきれない罪の後ろめたさが雨を待つ


I'll fall on my knees and pray to God

For your absolution

I might be free

And I'm waiting for the last judgement day


仇も情も罰も荒みゆく我が身より出で来る

肌に悼み刻んでは祈りの出口を探している


With your remission

That's my mission

Make a confession, because I want to be free

And I'm waiting for the final judgement day


I'll fall on my knees and pray to God

For your absolution

I might be free

And I'm waiting for the last judgement day


何処まで離れていくのだろう

心穏やかなあの日々から

柔らかい肌に焦がれながら

この身を照らす十六夜の月


どれだけ月日を見送れば

迷う心が解き放てる

光を探して咲いた花を

今宵も照らす十六夜の月


亡骸のエンブレムは何も語らずに佇んでる

魂の行き先を見守る篝火が揺れるだけ

提供: うたまっぷ