歌詞

紅夜―beniyo―

中森明菜

作詞
林桃子
作曲
林田健司

乱れてゆく 下弦の月の夜に

細くしなる 弓のような腕を

ただ引き寄せるあなた思う


儚く

ちぎれてゆく 藍色の月のように

低く見える あの日の夕映えを

ただ描いていた私ひとりで…


いつかの少女のように

澄み切った心なくしていくとしても


手のひらでさえ

もてあそぶあなたの背中忘れたくないから


ふとしたことで塗り替えたマニキュアに

すべてを乗せて


あなたのために

紅く咲かす 紅の夜


打たれている 恵みの雨の下(もと)に

細くしなる 弓のような腕を

ただ抱き寄せるあなた思う


儚く

離れてゆく 愛色の月のように

低く見える あの日の夕映えを

ただ描いていくのたったひとり…


いつかの少年のように

掴みかけた願いを失ったとしても


手のひらでさえ

もてあそばれる私でいよう 枯れるまで…


ふとしたことで染まり変わるマニキュアに

すべてを乗せて


あなたのために

紅く染まれ 紅の夜


いつかの少女のように

澄み切った心なくしていくとしても


手のひらでさえ

もてあそぶあなたの背中忘れたくないから


ふとしたことで塗り替えたマニキュアに

すべてを乗せて


あなたのために

紅く咲かす 紅の夜

提供: うたまっぷ