歌詞

珈琲屋

椎名純平

作詞
Junpei Shiina
作曲
Junpei Shiina

向かい合わせの近くて遠い位置関係

2人の距離を物語るタバコの煙


グラスの影がのびきってるのを眺めながら

ふとそんな事を考える


歩いてきた道のりが長すぎて

行く先を見失ってる


日の短いこんな季節は

2人暖かさだけ求めた


大切な事は口にした瞬間 崩れてくから

2人は同じ場所 回り続ける


冷め切ったコーヒーを飲み干したら

行くサインなのか 帰るサインなのか


22時の喫茶店は退廃的すぎて

ついそんな事を考える


歩いてきた道のりが長すぎて

進むに進めない戻るに戻れない


日の短いこんな季節が

結論を保留させた


大切な物は触れただけで 壊れてくから

2人はつかず離れずのまま


外の空気は肌を突き刺すだろう

苦々しい結論は2人飲み干せないまま


大切な事は口にした瞬間 崩れてくから

2人は同じ場所 回り続ける

提供: うたまっぷ