歌詞

Tourbillon

作詞
RYUICHI
作曲
H.Hayama

七色の風に鮮やかになる コバルトの湖 あの日の夢


今時空を越えて 雑踏飛び越えて 静かに答えを 待ってる


想いが無口を抱いた夜 形を変えては 書かれていった

時が それを嘘に変えたりして 失望だけの夜もあった


はかない夢の淵に 繋がれてく時代に いつも誰かが立ってた

からまり続ける様に 青息吐息の街 いつも誰かに恋した


美しい華がみだれ咲く様に

大切なものを失う事さえ知らずに


千切れては飛ぶ 雲を見上げては 孤独さえ楽しんだあの頃は


それでも君の声 聞きたくなる夜は 何度も負けそうになった


想いが孤独を歌う夜 進化の途中で 写し出されてく

何気ない君の そのつぶやきが よぎる夜に色づいてく


はかない華の匂い 忘れえぬ君の匂い 置き去りにしてた約束

なまめき続けるだけ うぬぼれ続けるだけ 誰より輝くために


この腕が君を覚えてるうちに

もう一度強く抱きしめさせて欲しいよ


はかない夢の淵に 孤独をうつす淵に 今日も一人で立っては

切ない胸の内に 誓った時の先に いつも君だけ探して


はかない君の匂い 刺さったままの匂い 何度忘れようとしても

なまめき続けるだけ キレイに咲かせるだけ いつも君だけ探して


光満ち溢れた時が来たなら

そばにいて欲しい 君の理想を咲かせるから

提供: うたまっぷ