歌詞

鉄格子の空

浜田亜紀子

作詞
浜田亜紀子
作曲
浜田亜紀子

あたしの腕は居心地が悪いと言ってうつむいた

あたしは鎖を外して最後に自由を与えた


今夜は冷え切ったパスタ残らず水で詰め込んだ

あたしは穴を埋めるため それしかできなかったんだ


鉄格子の外は赤い花が咲いている

何もせずにただ このまま夜がくるだけ それだけ


あたしは潰されない様に左のほっぺた殴った

あたしは殺されない様に心にナイフ光らせた


鉄格子の空はうろこ雲がゆれてる

時々日が差して このまま夜がくるだけ それだけ


ここはどこ? あたしはだれ? どこへ流れていくの?

手放すの? 抱きしめるの? まだ光は届かない


醜い顔したアンタに汚い言葉を浴びせて

さんざん泣き叫んだ後 そこには何にもなかった


こっから出してよ

提供: うたまっぷ