歌詞

OVER

河口恭吾

作詞
河口京吾
作曲
河口京吾

朝もや立ち込める河川敷を一人で

眠れず歩いてた夢の続きみたいに


君が望むようなこの先の幸せは

たぶん僕じゃないと二人ともわかっていた


音も無くこぼれ落ちてく砂時計いま壊して

もう一度この腕の中に僕は感じたい君の温もりを


八月の青空 引き出しの奥の笑顔

はみ出した思い出を風に紛れ込ませて


途切れた糸捜し彷徨いこんだ夜には

他の人にいつも君を重ねてくらべてしまう


いま君は誰を見つめてどんな風に微笑むんだろう

二度とは帰れない君を胸に刻んで歩いて行くよ


音も無くこぼれ落ちてく砂時計いま壊して

もう一度この腕の中に僕は感じたい君の温もりを

温もりを

提供: うたまっぷ