歌詞

君を待っている

佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春

寄りかかる

ところもなく

ひとりの夜に

おびえているならば

過ぎたことは

すべて忘れて

いつでもここに

伝えてほしい

昔のままのその声で


だれのことも

信じられず

ひとりの夜に

おびえているならば

過ぎたことは

すべて忘れて

いつでもここに

伝えてほしい

昔のままのその声で


夏が来て

冬が来て

新しい愛に

あてがはずれたなら

思いだして

ここにいることを

暖炉に火をくべて

君を待っている

いつまでだってかまわない

暖炉に火をくべて

君を待っている

いつまでだってかまわないぜ

提供: うたまっぷ