歌詞

君をさがしている(朝が来るまで)

佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春

女神のような街頭の光に

さそわれながら

夜の小鳥たちはガードレールの上で

翼を休めている

はるか彼方で声がする

誰を呼んでいるのか

朝が来るまで君をさがしている


陽の光をさけながら

栄えているこの街角で

夜の天使たちが

街のスターダムにのし上がる

一歩踏みだせば誰もがヒーローさ

もしそれが誰かの罠だとしても

朝が来るまで君をさがしている


今、サーチライトの中で

ひとりの男が鉄条網を

くぐり抜けようとしている

片手には宝石もう片方の手の中では

狂暴な情熱が吠えはじめている

そして俺は朝が来るまで

朝が来るまで君をさがしている


連中の話じゃこんなはずじゃなかった

誰かに運命を綾まれているような気がする

でも今夜はいつもの夜とはちがう

君に会えそうな気がするのさ

朝が来るまで君をさがしている

提供: うたまっぷ