歌詞

ワイルドハーツ

佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春

土曜の午後 仕事で車を走らせていた

ラジオに流れるR&B 昔よく口ずさんだメロディー

友達は今いろんな想い すべてを伝えきれないまま

冬のある日 夜明け近く 恋人のもとを離れた

誰かがどこかで眠れぬ夜明けを見つめている

誰もが心に見知らぬ夜明けを抱えている


彼女は今 うつむいている 言葉が闇をすり抜ける

ひとつのキスを重ねるごと 静かな雪が降りつもる

仲間のひとりは口を閉じて 清らかに歩いている

仲間のひとりは瞳を閉じて いつわりを許している


すべての「なぜ?」に いつでも答えを求めていたあの頃

いつか自由になれる日を あてもなく夢みていた


誰かがどこかで眠れぬ夜明けを見つめている

誰もが心に見知らぬ夜明けを抱えている


街の声が聞こえる にぎやかに奏でる'Summertime blues'

荷物をひとつにまとめて 明日ここを離れてゆく

土曜の午後 仕事で車を走らせていた

ラジオに流れるサキソフォン 昔よく口ずさんだメロディー


誰かがどこかで眠れぬ夜明けを見つめている

誰もが心に見知らぬ夜明けを抱えている

誰かがどこかで眠れぬ夜明けを見つめている

誰もが心に見知らぬ夜明けを抱えている

提供: うたまっぷ