歌詞

遠い声

佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春

誰かの声が

青空に響く

駅の向こうから

鳥が飛びたつ

車を走らせて

心はすでに

バラの咲き始める

君のいる街まで

あぁ、よかった

どうにか約束に間に合いそうさ


遠い 遠い声

感じていた

君の元へ 1cm 2cm 3cm

少しづつ近づいていってるよ


木漏れ日の街

光の輪を包む

失くしたものなら

数えきれない

ムダに気がついている

そんな僕らにも

どうすることもできない

時が流れてゆく

あぁ、イヤだった

このままただ黙って見過ごすことなんて


遠い 遠い声

聞こえていた

君の元へ 1cm 2cm 3cm

少しづつ近づいていってるよ


車を走らせて

心はすでに

バラの咲き始める

君のいる街まで

あぁ、よかった

どうにか間に合いそうさ

あぁ、あともう少し

もう少し もう少し あともう少しで

君に会える


この胸に 遠い 遠い声

導かれて

君の元へ 1cm 2cm 3cm

少しづつ近づいていってるよ


この胸に 遠い 遠い声

聞こえていた

君の元へ 1cm 2cm 3cm

少しづつ近づいていってるよ

提供: うたまっぷ