歌詞

花紀行

平川地一丁目

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

見知らぬ町を ひとり歩いたら

風は空から 花びら散らす

過ぎゆく春の 投げる口づけは

髪に両手に はらはら停まる


この場所で嵐見送れば

時の流れに 埋もれてしまう


薄紅が なんて優しいの

拾い集める人もいないのに


見知らぬ町を ひとり歩いたら

風は空から 花びら散らす

髪に両手に はらはら停まる

提供: うたまっぷ