歌詞

ユートピア(ver.2001)

KICK THE CAN CREW

作詞
KICK THE CAN CREW
作曲
KICK THE CAN CREW

[MCU]

いつもの様に又日は昇り 落ちていく 時と言う名のもとに

様々なドラマ繰り返し 今日も星の上に残すエピソード

心の中のダクテンを背負ったまま目指す楽園を

「願えば叶うさ」そんな言葉に 背中押されこんな大人に

気持ちが黒くなるその度に 何度も手を合わすこの街に

いっそこの場所から飛び下り深いネムリへと瞳とじ

どれだけ歩けば救われるのか どれだけ歌えば報われるのか

がむしゃらな想いだけシュートした

いまだ見えないあのユートピア


[HOOK]

24時間 この宇宙の下

がむしゃらな想いをシュートした

いまだ見えないあのユートピア


[LITTLE]

あといくつ電車乗りつげば あの楽園まで辿りつけんだ

自分だけが特別と思い込んだ こんなにもプライドは重いもんだったのか

上手く歩けず何度もころび くり返したぶざまな試み

ところどころ心もほころび あるのはわずかばかりの喜び

メガネがなきゃ夢も見れない世界で自分すら愛せないで

マイク握り叫ぶ大声は震えを止めるための遠吠えか

涙で目の前がボヤけても 弱音吐き答えが途絶えても

この空の上広がる宇宙の下

いまだ見えないあのユートピア


[HOOK]

24時間 この宇宙の下

がむしゃらな想いをシュートした

いまだ見えないあのユートピア


[KREVA]

消えていく夢の数 煮え切らない気持ちに爪を噛む

胸を刺す痛みをくたびれたこのノートに書き溜め 今日より明日へ

折れた鉛筆の針 変わらぬ現実のシーン

降り出した雨滲んでいく文字 何も語らない死んでいるように

プラスとマイナス また行ったり来たりするふたつの解釈

最悪の結末をかたくなに 拒み続けまた歌い

もがき続け 甘くない水じゃ潤せぬノド 忘れたくつろげる事

また無情に過ぎ去る24時間

いまだ見えないあのユートピア


[HOOK]

24時間 この宇宙の下

がむしゃらな想いをシュートした

(なぜか涙が止まりません。)

いまだ見えないあのユートピア

提供: うたまっぷ