歌詞

惑星に乗れ

YUKI

作詞
YUKI
作曲
太田朝子

屋上に 持ちだした望遠鏡

触れた手は 冷たいね 温めよう

北へと 向けたレンズで

新しい生命が はじけるのを見よう


ああ、2人で見上げたお月様

うさぎは 跳ねなかった

いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう

猿のように

ひとつぶの惑星に乗れ!


冬の夜を照らすように 除夜の鐘

来年も、その次も、いじめてね。

間違いや 後悔はすぐ 恥ずかしい想い出になる

もっと、そばに おいでよ


あなたへと 続く天の川を

消えないうちに 渡ろう

土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人

猿のように

ひとつぶの惑星に乗れ!


ああ、2人で見上げたお月様

うさぎは 跳ねなかった

いつの日か、2つの目で 青い地球を見よう

お願いよ

死ぬ前に ただ一度


あなたへと 続く天の川を

消えないうちに 渡ろう

土星の輪 触るぐらい 浮かんだ2人

猿のように

ひとつぶの惑星に 乗れ! 乗れ!

乗れ! 乗れ!

乗れ! 乗れ!

提供: うたまっぷ