歌詞

ナチュラル ビュウティ '98

JUDY AND MARY

作詞
YUKI
作曲
TAKUYA

イェ――――――――――イ

"ギュウイーン!"とないてるエフェクターにキスして

スウィートな雰囲気つくってる2人をムシして

あたしはブレーキいらない スーパーカー

おそわれる青! イヤヨ! ジャマしないで

固い約束むすぶ度に ほどけて消える

うそつきのリアルさがしてヤケドした

しゃにむにチャイム鳴らされて

追いつめられて ハートもバクバク わーい

何でもない日常の生活もイタイ ヒドイ 平気じゃない

会いたい でも誰でもいいわけじゃない

抱きしめあって からまって パンクしたい

それは高い望みですか?


ピカッピカのボディは 幾千の夜を越えて生まれる

どうぞ 可愛いがってネ 無敵の愛をかざしてあたしはゆく

苦し紛れのデッドヒート 身も心も遊ばせて走るナチュラリスト


「ジェットコースター並みに短いあっという間の人生」

っていうケド

運命の人に出会っちゃうわ 遊歩道

ひたむきに進むわ すばらしい!

振り返らない 帰り道も知らない

冴えた魅力 無気力で枯らしてしまわないように

切り開いて 新しい道をつくる

それを自由というのでしょう


ピカッピカのハートは

幾千の夜を越えて生まれる

どうぞ 可愛いがってネ

ケモノのように目覚めたあたしはゆく


もしも力失くして

世界のスキマに落ちてくなら

その全ても受け止めよう

手を伸ばして バカみたいに

生きるナチュラリスト

提供: うたまっぷ