歌詞

246

椎名へきる

作詞
上野浩司
作曲
上野浩司

あの頃のふたりは

互いに学生で

有り余る時間を

一緒に浪費した


いつでも週末は

頼りない車を

ピカピカに磨いて

西へと向かったね


時には寄り添い合い

時にはけんかもして

楽しかった思い出

今も大事な宝物だよ


この道を走って

この道を帰ったね

助手席の私と

大好きなあなただけ


それからのふたりは

しだいに忙しく

過ぎてゆく時間も

自分のためだけに


すぐ近くにいるのに

心は遠くなって

日常(とき)に流されるまま

会えなくなり 会わなくなったよ


この道を走って

この道で涙した

あの日のふたりには

もう二度と戻れない


幸福(しあわせ)そうな恋人達や

ショーウインドウに映る人影

やさしかったあなたの笑顔に

重なっては ふと寂しくなる


この道を走って

この道で涙した

あの日のふたりには

もう二度と戻れない


この道は長くて

愛さえも迷わせた

それでも時々は

あなたを思い出させる

提供: うたまっぷ