歌詞

ビルボードで鳴くカナリア(GOTA Re-mix)

中島卓偉

作詞
水政創史郎/中島卓偉
作曲
Gajin

夜が終わる前 地下鉄に潜る 誰にも告げず 二人街を出る

階段の途中 居場所をなくして しゃがみ込む子供たち


膝を抱え 眠るのを忘れ

透き通った 眼差しを伏せる 泳ぎ疲れた魚のように


世界では星が消えて 楽園の果てへ急ぐ

夢みるように はしゃぎすぎた 夜を超えて

朽ち果てたガラス細工 ビルボードで鳴くカナリア

どこへ行こうと 陽射しは痛く 狂った季節も 悪くないさ


電車はもっと 深い夜の方へ まるで逆さまに 滑り始めてる

錆びつくレールの 上で少しだけ 震えて闇の中へ


胸に刺さる 柔らかな棘を

ためらうように 君は見せつける 砂で汚れた天使のように


ココロさえカラダ超えて 闇の中吸い込まれる

目覚めるのも 停まることも 忘れたまま

今日はきっと悲しいほど 何度でも愛し合える

どこへ行こうと 陽射しは痛く 時を削る


予言者のゲームは 終わりを告げず スピードに酔いしれて 箱舟は進む


世界では星が消えて 楽園の果てへ急ぐ

夢みるように はしゃぎすぎた 夜を超えて

朽ち果てたガラス細工 ビルボードで鳴くカナリア

どこへ行こうと 陽射しは痛く 狂った季節も 悪くないさ

提供: うたまっぷ