歌詞

雨が降る

中島卓偉

作詞
鈴木祥子
作曲
中島卓偉

あなたは独り雨に濡れて

部屋のドアを叩いて

僕はその手を握りしめて

頬に押し当てる。


もう自分を責めないで、

誰のせいでもないと解って

どんな言葉で傷つけてもいいよ。


行かないで、ここでふたりで暮らそう、

あなたを幸せにするよ、

泣かないで、すべて洗い流すように

僕の中に雨が降る。


少女のころに好きだったと

いつか言ってた歌が

古い映画の場面のように

ふいによみがえる。


もう帰れる場所はない、

捻れたフィルム巻き戻すように

どんな罪でも 嘘をついてもいいよ。


このままで、ここでふたり暮らしても

あなたは幸せじゃない、と

泣かないで、すべて洗い流すように

僕の中に雨が降る。


行かないで、ここで 僕とはじめよう、

あなたは哀しい目をして、

泣かないで、ここでふたり暮らしても、

あなたは幸せじゃない、と

このままで、すべて洗い流すように

僕の中に雨が降る。

提供: うたまっぷ