歌詞

Sundown and hightide

GRAPEVINE

作詞
田中和将
作曲
亀井亨

まるでカスタードを指でなすりつけた

体のグラデーションを眼に焼きつけた


通わない心の隙間埋める会話

物々しいためいきの意味は


髪の短いのが好きになってしまった

顔が見えぬよう君に目隠しした


禍々しい世界を遠ざけるように裏返す

弛みない弛緩を繰返して


Sundown

I'm waiting for your Libido

七色になってよ

さあ 思い切って

花びらになってよ


さよならなんて言葉 横切っていった

回路 赤いシグナルが明滅していた


迷わない道標があるとすれば そういう

生々しい姿態の方がいいんだ


hitide

君を傷つけたい

カナリアになってよ

さあ

思い切って そう


Sundown

I'm waiting for your Libido

七色になってよ

さあ 思い切って

マルキドが待ってる

hitide

君を傷つけたい

カナリアになってよ

さあ 思い切って

花びらになってよ


Sundown and hightide

提供: うたまっぷ