歌詞

中孝介

作詞
いしわたり淳治
作曲
光浦篤

振り帰れば道があなたの足元へ続いている

いま出来たばかりの道があなたへ


ありふれたようでほかのどこにもない

誰にも二度とは作れない 細いその道


流れるまま 流れるまま

時の波間 その身を浮かべれば

限りなく澄んだ夜空が心を盗んでいく


誇らしげに道があなたの足元へ続いている

みぎひだり曲がった道があなたへ


重なり離れて並びまた交わる

出会いと別れを繰り返し ひとり来た道


流れるまま 流れるまま

時の波間 その身をゆだねれば

わけもなく頬を涙がこぼれて消えていく


確かめるように強く刻み付けた証

長い旅路をあなたという名のもと生きた


流れるまま 流れるまま

時の波間 その身を浮かべれば

とめどなく巡る想いが青い風に霞んで


明けゆく空 明けゆく空

旅立つ朝 彼方を見上げれば

果てしなく続く夜空が朝陽に染まっていく


朝陽に染まっていく

提供: うたまっぷ